警備アルバイトの裏事情

警備のバイトをやっていると、いろいろな不満が出てくるものです。よくある不満のひとつに、時給や給料が安いというものがあります。1時間で850円から900円程度のことが多いのです。せめて、時給は1000円ぐらいまではあげて欲しいというのが本音かもしれません。中には、その分会社が儲けているのではないかと考えて不満を持つ人もいるかもしれません。ですが、900円前後が妥当なラインなのです。交通整理の場合、警備員は工事を請け負っている会社がお金を払って、警備の会社から借りている状態です。もし、時給を上げるのであれば、工事会社が警備員の会社に支払うお金が高くなってしまいます。そうなると、その警備の会社をわざわざ選ばずに他の会社を選ぶようになり、受注が減り仕事が激減してしまうでしょう。ただし、11月から1月にかけての繁忙期には日本中で警備員が不足しており、この限りではありません。
もうひとつのよくありがちな不満は、現場によって仕事が忙しくない現場と忙しい現場に分かれ、忙しい現場に回された時は不満を感じる人もいるはずです。忙しい現場とは交通量が多く、しかも信号が近くにある現場です。忙しくても忙しくない現場と時給が変わるわけではありません。この場合、どの現場に回されるかは運でしかありません。もし、忙し過ぎる現場であれば一度自分の会社に相談してみましょう。ただ、都合により人員が増やせない場合もあることは知っておきましょう。

Leave a comment





You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

back to top